ブログ

おゆみ野まで行くとちょっと蘇我商圏からは離れるかもしれません

商圏分析はとても大切な行為です。開業するにしても自分のお客様がどこから来るのか、どこに住んでいる人たちを自社の顧客にするのかといった事を最初に十分に考えておく必要があります。

今回は、蘇我に近いおゆみ野について考えてみたいと思います。

●おゆみ野といえば

おゆみ野といえば、京成ちはら線「おゆみ野」駅とJR外房線「鎌取」駅の2駅が利用でき、千葉市内はもちろん東京都心へもアクセス良好な土地柄です。

1977年からニュータウン開発が始まったおゆみ野は、事業が終了した今もなお発展を続ける注目の街といえます。

街区内にはショッピングセンターや病院、行政窓口、各種公共機関、公園、小中学校など、暮らしを支える施設が点在しており、定住の地としても高い人気を誇っています。

また、近くに住んでいる住民としての個人的な印象としては、鉄道やバスだけで生活に不便のない千葉とは異なり、車があったほうが便利な街といったイメージがあります。

もちろん、バス路線網は充実していますが、一般的な商売をやろうとした場合、車を利用する人たちがメインターゲットとなるように考えられます。

●個人が開業するのにおゆみ野は

おゆみ野の位置する緑区は、年少人口割合が県内1位・平均年齢が県内2位と高いのですが、その中でもおゆみ野の年少人口割合は20%以上を誇っています。

また、 緑区の人口密度は1908.3人ですが、おゆみ野だけを見ると7990.2人と跳ね上がります(平成25年4月1日データ)。人口増加が続いており、上記の通り生活基盤を支える公共施設、バス路線なども整っていることから、将来に渡り十分な顧客獲得を見込むことができると思っています。

長期的にも人口が多いということは強みです。また、短期的に見れば年少人口が多いという統計結果から、年少者を相手にした商売やその親世代を相手にした商売ならば、十分な潜在顧客がいると考えることができます。

●おゆみ野は商圏としては

とはいえ、おゆみ野は鎌取、学園前といった近隣駅とは一体の商圏になっていると考えることができますが、蘇我や千葉寺とは少し距離が離れていると考えられます。

車を利用した広域からの集客を狙う商売ならば一つの商圏として考えるといった戦略もあり得ますが、公共交通機関を利用する人たちをメイン顧客とした場合は、別商圏と捉えておいたほうが良いでしょう。

 

関連記事

  1. 蘇我から一駅。浜野近辺での開業はどうだろうか?
  2. 蘇我で開業届を出して開業するメリットとは-蘇我で開業するために行…
  3. 蘇我で個人事業主になろうと考えている方へ
  4. 会社を作らないなら1円起業できますが会社を作る場合はやっぱりお金…
  5. 蘇我で飲食店を開業するには―千葉市で飲食店を開業するための手続き…
  6. 鎌取駅周辺で開業するという選択肢はどうなのか?
  7. 八幡宿?蘇我から二駅内房線で下ったら人がたくさん住んでいる土地で…
  8. ちはら台で定住を前提とした息の長い商売を始める

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP