ブログ

ちはら台で定住を前提とした息の長い商売を始める

街と一緒に商売が発展する。そういったシナリオは、もしかしたらこれから商売を始める方にとっては一番の理想形かもしれません。

街の発展とともに、自分の商売も発展する。町が大きくなるから潜在顧客が増えて、どんどん商売も繁盛していく。

そして、市川市のちはら台はこういった街の発展とともに自分の商売の発展が見込める街であるということができます。

●ちはら台といえば

ちはら台は、豊かな緑と数多くの公園に恵まれた街です。ちはら台の場合、京成千原線「ちはら台」駅のみならず、バス等を活用すればJR「鎌取」駅も利用することができます。

そのため、千葉方面や都内へのアクセスもスムーズで、通勤にもとても便利な土地です。

また、平日は機能的に、休日はゆったりと過ごすことの出来るちはら台の環境は、幅広い世代の人気を集めています。ショッピングセンターや保育園、小学校なども充実しており、周辺の利便施設にも事欠きません。

少し車で郊外に走れば大きな公園もありますし、子育て世代や休日をのんびりと過ごしたい方にとっては理想的な環境です。

また、買い物に便利な施設も周辺にたくさんありますし、東京や千葉といった大きな町まで出ればそれこそ何でもそろうので、とても街の便利さと郊外の落ち着きのバランスの取れた街であると言えます。

●個人が開業するのにちはら台は

利便性と良好な住環境を兼ね備えているちはら台には、働き盛りの若い世代から定年後の生活を楽しむ世代まで、幅広い年代の人々が生活しています。

すでに多くの方々が暮らしていることに加え、土地の分譲も続いていることから、さらなる人口増加が期待出来ますし、定住の地としてこの地を選ぶ方が多いことから、将来渡り安定した顧客の獲得・定着を見込むことが出来る土地であるということができるのです。

そのため、あなたのビジネスが、街とともにどんどん発展するといった理想的な展開が期待できます。

定住型のビジネス。常連と長くお付き合いできるようなビジネスが構築できればこの立地上の強みを生かせると思いますよ。

●車で

また、ちはら台はいわゆる郊外のイメージとなりますので、車を利用した商売を行うのに有利であると考えられます。

鎌取、学園前、おゆみ野、ちはら台といった街は鉄道の沿線ではJRと京成線に分かれていますが、道が非常によく整備されているため、一つの商圏としての大きな住宅地といった感じとなります。

そのため、あなたの開業するビジネスが十分に差別化されていれば、広域でお客様を呼ぶことが可能でしょう。

関連記事

  1. 儲かる事業を作りたい?そういう事も大切ですが、事業を守るための壁…
  2. 八幡宿?蘇我から二駅内房線で下ったら人がたくさん住んでいる土地で…
  3. 千葉寺での開業を考えた場合、近くの蘇我商圏も取り込めるのか
  4. 蘇我で飲食店を開業するには―千葉市で飲食店を開業するための手続き…
  5. 会社を作らないなら1円起業できますが会社を作る場合はやっぱりお金…
  6. 千葉市中央区や緑区、市原市で個人事業を始めるときの書類の書き方-…
  7. 蘇我で個人事業主になろうと考えている方へ
  8. 蘇我で開業届を出して開業するメリットとは-蘇我で開業するために行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP