社長は孤独であるといわれます。そんなあなたの事業に、変動費の経営幹部を加えませんか?

■経営幹部コンサルとは

社長は孤独であるといわれます。そんなあなたの事業に、変動費の経営幹部を加えませんか?というのが私たちの事務所の合言葉です。

■経営幹部を置けない事業に、経営幹部コンサルを提供する。
経営幹部は単なるベテラン従業員が就任する『役職』ではありません。本音で会社のことを組織のことを包み隠さずに語り合うことができる仲間が経営幹部であると当事務所では考えています。

そのうえで、ご質問です。社内には、組織内には、『経営幹部』(候補者)がいますか?その経営幹部候補者とは本音で会社のこと、夢を語り合うことができますか?

もし、そういった仲間がいるのならば、その人は余人をもって代えがたい貴重な人材ですので、大切にしましょう。

しかし、そういった仲間が社内にいないなら(残念ながらほとんどの経営者がそうですが)、アミーゴ経営事務所をぜひご検討ください。

■経営幹部を置けない理由は
そんな重要な経営幹部なら、どんな組織でもいてほしいですよね。しかし。ほとんどの組織には経営幹部はいないのです。

なぜかというと、先に指摘した通り、経営幹部は単なる古参の授業員が就任する『役職』ではないからです。そして、役職でないため自然にそのような立場の人材が育成されるわけではありません。どんなにベテランで、企業内のことをわかっているとしても、その人が経営幹部かどうかは別の話なのです。

そのベテラン従業員に本音で会社のことを組織のことを包み隠さずに語り合うことができますか?本音で語るためには、現状を把握しないといけませんので会社の成績表である決算書も見せる必要があります。しかし、この決算書を社内の人間に見せることは非常にハードルの高いことです。

■仮に内部にいたとしても
また、仮に幸運に恵まれてそのような人材が育成されたとしても、そのような人材はすでに組織の幹部になっているはずです。何といっても、経営幹部になるような人材ですから、社内でも頭角を現しているのが通常です。その結果、例えば営業部のトップや経理部のトップといったように組織を率いています。

その場合、自分の職務を行わないといけないため、経営全体について考える余裕も乏しくなってしまいます。そして何よりも、自分の組織を守るという組織人としてのまっとうな感覚が、全体最適な考えをすることを躊躇させがちです。例えば、営業部のトップは通常、営業部の存在を危うくする提案は行わないものですし、工場長は自分の工場を廃止して別の工場に生産を集約するなどといった提案は行いません。

これは極めてまっとうな感覚であり、それができなければ部下はついてきません。誰が自分の職場を組織のためといえ差し出すような人間についていくでしょうか?しかし、組織全体のことを考えたとき、このような事も考えなければならない時もあるのです。

■外部から探すのは?
では外部からそういった人材を雇用するのはどうでしょうか?この場合は、その人が経営幹部となれる資質を持っているかが明確でないことと、通常かなり高額の報酬を支払う必要があることが問題となります。

例えば、資質のありそうな人を従業員として雇い入れる場合は、経営幹部というぐらいですから一般従業員の3倍の賃金を支払う必要があるでしょう。しかし、一般従業員の3倍の賃金を払っても、効果が保証されるわけではありません。また、ご存知の通り、いったん雇用してしまうと滅多なことでは辞めてもらうことはできませんので、人件費は固定費となります。言い方を変えれば、月100万円の報酬を支払うという決断は、粗利率が30%の小売業では毎月300万円の売り上げ増が今後永続的に必要になる意思決定となるのです。

それに、経営幹部としての仕事量はそれほど多いわけではないため、(毎日毎日組織の根幹にかかわる事を考え続けるわけにはいきませんから)どうしても組織のほかの仕事を行ってもらうこととなります。

その場合、結果として内部登用と同じような自分の組織を守る発想に陥りがちですし(部下を守るような考えができるから信頼できる人物であるとも考えられます)、仮に組織を守れないトップであると従業員に見なされてしまうと、従業員の士気を下げる原因になってしまいます。(社長が連れてきた働かない人が自分の3倍の給料を取っているといった状況を喜ぶ人はほとんどいません。)

では、従業員ではなく役員として迎え入れるケースはどうでしょうか?この場合は非常勤の役員として経営に参画してもらうイメージです。この場合は、取締役の一員として参画してもらうわけですが、取締役は簡単には解任できないといった制限があります。(原則として任期は2年となります)

また、取締役として迎えると取締役会で議決権を持ちますので、安定した経営を揺るがす要因になりかねません。また、取締役には経営の監督という責任が付きまといますので、「月に1回程度来てもらうぐらいで、直接仕事もないから安くてもいいだろう」では誰も引き受けてくれないため、それなりの報酬を用意しなければなりません。

■なぜアミーゴ経営事務所なのか?
この点アミーゴ経営事務所は、組織の外部の立場から参画しますので、組織全体が最適化できるような方法を一緒に考えることができます。

また、豊富な実務経験を持つ国家資格保持者で構成されており厳格な守秘義務が国家から課せられている集団なので、秘密を安心して話せます。

さらに、経営幹部を雇ったり任命したりするのに比較してリーズナブルな価格で依頼することが可能です。(売上高1億円未満の場合10万円/月、売り上げ高5億円未満の場合20万円/月)

また何よりも、経営幹部コンサルは不要になったら契約を解除できる変動費型サービスですので、経営に与えるリスクは極めて低くなっています。

■経営幹部の果たすべき役割は
私たちは、経営幹部の果たすべき役割は社長と一緒に経営について当事者意識をもって考え、会社がなぜ存在しているかという会社の理念、その理念を達成するための方針、戦略を一緒に作り上げる事だと考えています。

想像してみてください。会社や組織の究極の夢について語り合える人がいたら、どれだけ心強いかを。

どんなに大きな企業でも、どんなに長く続く企業でも、社長や経営幹部が真剣に考えた夢が基になっていて、従業員の行動指針となっています。

松下電気産業(今のpanasonic)は松下幸之助が「水道の水のように低価格で良質のものを大量供給し、物価を安くして消費者にいきわたるようにしたい」といった理念を掲げて大きくした企業ですし、スポーツ用品を製造しているNIKEは「世界のすべてのアスリートにインスピレーション、イノベーションを提供する」といった経営理念を掲げています。また獺祭で有名な旭酒造株式会社は「酔うため、売るための酒ではなく味わう酒を求めて。」といった事を掲げています。

もちろん夢だけでは物事は前に進みません。しかし、夢を掲げられなければ、組織の各人が進む方向がバラバラになって勢いが出ません。

ホースでお庭に水を撒くことを想像してください。ホースの端を握り水の出口をある方向に集中させれば勢いよくその方向に水が向かいます。しかし、単純に水を出すだけなら足元を濡らして終わりです。

このホースの端を握って勢いを一点に集中する役割を経営理念やあなたの夢が果たすのです。

■痛みのわかる対応
アミーゴ経営事務所の代表の祖父、父はそれぞれが一人で事業をやっていました。祖父の事業は時代もよかったため、それなりの業績で推移し最終的には誰かに引き継がれることはありませんでしたが、それぞれが幸せな引退生活を送ることができました。しかし、せっかくの事業ですから続けることができたならば地域や社会、そして何よりも代表の一族にとって良かったはずです。

また、父の事業は最終的に廃業に追い込まれ、事業の廃止に伴う貧しさがどれだけ辛いかといった痛みも身をもって知ることにつながりました。(父の事業資金を地元の銀行から調達する際に祖父が根保証契約を結んでいたことから、一族を巻き込んだ大騒動につながり、契約書を読まないリスクを身に染みて体験しています。)

祖父の事業や父の事業に経営幹部がいればこういった破綻は避けられたのではないか。その時に今の自分たちがいれば、決してそんな思いをさせなかった!といった思いを未だに持っています。

専門知識があって、一緒に組織の方針を考えることができる人は世の中にたくさんいます。しかし、廃業がどんなことかという痛みを知っていて、その廃業を何としても避けなければならないという信念を当事務所はもっています。そして、その信念を基に専門能力を日々磨き上げています。

この専門能力と廃業を避けるという信念を併せ持っていることが当事務所の競合との大きな違いなのです。

■仲間もいる
また、本事務所には様々な能力を持った仲間が協力してくれています。経営幹部を自社の経営に加えるというのは、その経営幹部のネットワークも自社の経営に取り込めるということです。

ぜひ経営幹部コンサルの話を聞いてみたいと思った方はこちら↓から私たちにご相談ください。

PAGE TOP