脱サラ+なんでもいいといった訪問者のニーズにこたえてみます

サイト運営者のたしなみとして、アクセス解析などを見ています。

  • 用語解説
  • アクセス解析とはサイトにどのような経路からアクセスがあったか(検索エンジンとか、特定のサイトなど)や、どのようなキーワードで検索してサイトにアクセスしてきてくれているかを見るものです

    もしあなたが、開業をしようと考えてサイトを構築しているのならば、必ずアクセス解析は導入してください。

    経営の有名な言葉で「測定できるものは管理できる」といったものがありますが、逆に言うと、測定できないものは管理のしようがありませんので、自分のサイトにどんな人たちが来ているのかについては測定してみてください。

    (サイト運営上は、グーグルアナリティクスとかi2iなどのアクセス解析を導入しておけば十分だと思います。)

    ■脱サラ なんでもいい という検索ワード

    さて、本題に入りますが、先日『脱サラ なんでもいい』といったキーワードで本サイトへのアクセスがありました。

    脱サラを考えて、筆者のようなコンサルに相談に来る方はやりたいことが決まっているケースがとても多いため、「脱サラできればなんでもいい」といった意図の検索ワードには少し驚きました。

    しかし、そのような人たちがいるのも事実というのならば、コンサルとして一応の回答を提供する使命があると感じています。

    ■結論から言えば

    なんでもいいから脱サラしたいと考えている方には、結論から言えばフランチャイズといった形態の企業をお勧めします。

    飯を食うだけなら起業は大変です。(安定を求めていて、今の働き方が嫌なのであれば、普通に転職する事がおすすめです。)

    ただ、やり方は問わないけど、脱サラして一国一城の主になりたいということであれば、やはり事業を起こすほうがやりがいがあるでしょう。

    そして、その場合、商売の仕組み一式を提供してもらうことができるフランチャイズをお勧めします。

    ■仕組みを作るのは大変

    世の中には、よく売れているチェーン店よりもおいしいものを作れる人はたくさんいます。

    例えば、マクドナルドよりもおいしいハンバーガーを作れる人も、日高屋よりもおいしいラーメンを作れる人も、松屋よりもおいしい牛丼を作れる人もたくさんいます。

    しかし、たくさんそういった人たちはいますが、マクドナルドよりもうまく、全国にハンバーガーを提供できる仕組みを構築したり、日高屋よりもお父さんたちが仕事終わりにラーメンを食べる場所を作ったり、松屋よりも安くおいしい牛丼を作れる人はほとんどいません。

    また、これらのチェーン店と同様の価格サービスを維持したまま、味で勝るものを提供するといった事は至難の業となるはずです。

    というのは、これらのチェーン店は適正な価格で価値を提供するといった事を考え続けており、そのための仕組みを備えているのに対して、単に料理が上手い人はその仕組みを持っていないからです。

    ■仕組みは導入できる

    しかし、仕組みを作るのは大変ですが、作り上げられた仕組みを導入することは可能です。それがフランチャイズチェーンとなります。

    今回のように、とにかく脱サラしたいという方は、とりあえずラーメン屋さんとかとりあえず喫茶店などと考えた時に、やらなければならないことがあまりに膨大であることにびっくりすると思います。

    それであれば、最初からフランチャイズといった選択肢は検討に値する選択肢となります。

    PAGE TOP