起業をするなら道具にはこだわれ(こだわらなくてもいいけど便利なものは使いましょう)

さて、起業すると決めたあなたにアドバイスしたいことがあります。

それは、道具にはこだわるという事です。と、ここで言うこだわりとは「社長なんだからモンブランの万年筆を持って、時計はウブロなんかを…」といった意味ではありません。(もちろんそういった良い道具を持つにこしたことはありませんが。)

そうではなく、便利な道具を使いましょうという事です。

起業するという事は時間がかかるイコール、コストが掛かる事です。その事から、時間を短縮するために必要な道具は安く手に入れて使い倒すといった発想が必要になるのです。

ダメですよ?隣町のコンビニだとコピーが安くできるからと言って数枚のコピーを取るために隣町まで出かけて行ったりしたら。

もちろん、必要もない業務用の複合機を莫大なコストをかけて導入するのもダメです。コピーができるプリンターとかを持っているならそれを活用して順次便利なものに置き換えていくというある意味「ケチ」になることも大切です。

この事から、事業を営む上では

  • 使えるものは使う事(自宅で開業も当然ありですし、使える道具は大きな不便を感じていないならそのまま使いましょう。)
  • どうしても時間短縮や売上増に必要な道具は、コストパフォーマンスを検討して利用すること(購入ではなく利用と書いたのはレンタルやリースなどあらゆる選択肢を排除しないという意味です)
    といった事が大切になるのです。
  • 備品購入の考え方はコチラ

    ■売上を上げるため、作るための道具

    さて、ここから売上を上げるため、作るための道具について紹介していきます。

    この種の道具は最重要なものですので、特にこだわりが無いのならば漏れなく揃えておくようにしましょう。

    大切な印鑑(印鑑の種類も知っておこう)
    個人が開業するときに必要な印鑑は最低限一つあれば対応可能です
    ホームページは今や売上増加の必須アイテム
    商標・ロゴ・マークでブランドを構築する

    と、どうでしょうか?

    「意外と売上を上げるための道具といったカテゴリーで紹介されているモノは少ないな」といった感想をお持ちではないでしょうか?

    売上を上げることに直接つながるようなモノはそれほど多くはありません。

    但し、このほかに、あなたが開業する業種特有のもの(大工さんなら大工道具が、料理人なら包丁などが)が必要となります。

    逆に言うと、これ以外のモノには極力コストをかけずにやっていくのが起業の秘訣です。

    特に毎月固定的に○○万円支払うといったモノやサービスについては、慎重の上にも慎重を重ねて導入を検討してくださいね。

    ■あると便利な時間短縮ツール

    コチラはあると便利な時間短縮ツールです。財布とにらめっこして、社長であるあなたの節約できる時間と導入コストが見合うならば導入すると事業の発展が加速します。

    と、あると便利な時間短縮ツールに該当するのか、必須のツールとなるか議論が分かれる事務所について少し考えておきます。

    事務所は必要か。3つの選択肢から最適な形を考える

    業種や業態によっては、事務所は必須の売上を向上させるためのツールとなりえますが、一般的には以下で紹介するバーチャルオフィスが最適解かなと思っています。

    特に事務所についてはしっかりとしたポリシーを持って選択していただきたいと思います。毎月数万円から数十万円の固定的な費用負担は、あなたの事業がうまく行くか否かを左右するほどのインパクトを持った意思決定ですから。

    では、話がずれてしまいましたが、あったら便利な時間短縮ツールについてご紹介します。

    [check_list image=”check1-b”]

    バーチャルオフィスで自宅外に事務所の住所と電話番号を
    全自動の会計ソフトを利用したり税理士さんに面倒な会計処理を任せる
    印刷は重要でも、初期費用は極力抑えましょう
    事務所を設置したらネット回線・電話回線も必要ですね
    ゴム印というとても便利なスタンプを使って仕事の効率を上げましょう

    これらのツールは本質的には時間短縮ツールです。貴重な時間を節約し、その分事業の発展のためにあなたを投入することを可能とするものなのです。

    PAGE TOP