フランチャイズ加盟という選択。ビジネスモデル一式を手に入れるというのも選択肢です

みなさまはフランチャイズと言うとどのようなイメージを持つでしょうか?加盟金がかかったり、店舗を構えないといけないから…といった形である程度のお金がかかるのが前提のイメージとなるでしょうか?

確かに、フランチャイズにはそういった面があるかもしれません。しかし、ある程度の資金を準備できた方にとってはこれほど強力な起業の方法もそうはありません。

■本部だけが儲かる仕組み?

と、フランチャイズについて書いていくと、「あれって本部だけが儲かる仕組みなんだよね?」といったネガティブな反応が返ってくるかもしれません。

確かに本部はそう簡単には損をしないような仕組みになっています。しかし、フランチャイズに加盟するといった選択肢には十分に事業主も儲かる可能性があります。

■何を買うのか?

さて、モノやサービスを購入する際に、賢明なあなたは、そのモノやサービスが本当に必要かどうか、品質はどうかといった点をチェックすると思います。

モノやサービスはあなたの必要を満たすために購入されるものなので、必要が満たされるかどうかで判断することができます。

では、フランチャイズへの加盟は何を買うのでしょうか?

それを考えてみれば、この選択肢があなたに合致しているかどうかについて考えることができます。

■ビジネスモデル一式を買う

さて、フランチャイズへの加盟は一言で言うとビジネスモデル一式を購入するという事です。

世の中には、様々な商売が存在しています。そして、それらの商売が成り立つという事は儲かるための仕組みが存在しているという事です。

例えば、ラーメン屋さんは美味しいラーメンがあればよいというような甘いものではなく、

  • 店舗をどこに出したらお客さんが集まるか
  • そもそもラーメン一杯をいくらで販売するか
  • どのように広告宣伝をすべきか
  • どこから食材を仕入れるべきか
  • 店舗のレイアウトはどうしたら効率よく作業できるか
  • どれだけのお客さんを集めたら収支がトントンになるか
  • どうやって従業員を募集するか
  • 営業時間はどうするか
  • 許認可関係はどうするか
  • サイドメニューはどのようなモノを取りそろえるべきか
  • 競合はどこにあって、どの程度脅威になっているのか
  • などなど

といった様々なことを考えて出店する必要がある業態です。

この事に対して、考えぬかれて出店された競合店と競争して初めて、起業するあなたが勝てるでしょうか?

もちろん、この問いに対して、いよいよ開業する段階となっているあなたの答えは『YES』しかありえないのですが(NOならば開業する前にもう少し調査等が必要です。)、一般的に言うとちょっと大変な作業が待っています。

もちろんそういった大変な作業を一緒にやっていくのがkeieimangaの中の人のような職種の人間なのですが、こういった難問を一気に解決する処方箋もあります。

それは、フランチャイズへの加盟です。

つまり、こういったこと全て一式。ビジネスモデル一式を購入するといったイメージになるのですね。

■時間を買う

と、ビジネスモデル一式を購入すると書きましたが、この事の本質は時間を買うという事です。

どこまで緻密に練り上げても完璧といった事はあり得ないのが商売の世界です。そこで、ある程度のところでビジネスモデル一式を導入するといった考え方も正当化背れるのです。

もちろん、全て自分でやる事と比較すれば、収益性はフランチャイズの場合は劣るケースがあります。

ただ、逆に大外しすることも少なくなるといった事は言えます。

フランチャイズの主催者も加盟店が全てこけてしまう様では商売になりませんのでしっかりと調査して支援をしてくれます。

■資料をもらって

さて、フランチャイズの資料を請求すれば世の中にはどのような商売があって、その商売はどんな仕組みで営まれているかの一端を見ることができます。

言えることはこれらのフランチャイズで取り扱われているサービスについては一定の需要があり、それで食っている人たちが確実にいるという事です。

この確実にそれで食っている人たちがいるといった事実にピンと来てほしいのです。

というのは、ビジネスを行う時に一番大切なのは売上です。そして、売上を上げるためにはお客さんがいる必要があります。

つまり、ビジネスで必要な情報がフランチャイズを検討すると手に入るという事です。

フランチャイズの比較サービスは沢山ありますが、少しずつ取り扱っている情報が違いますので、加盟するか否かは別として色々アンテナを張って資料請求をすると良いと思います。

いろいろな業種でフランチャイズとして起業して食っている人がいる。この事実を元にフランチャイズで起業するのも、これらの事業を参考にして自分の事業を洗練させるのもあなたの選択次第です。

■業種で検討する

さて、一般論でフランチャイズの優位性を書いてみましたが、具体的な業種に当てはめてみたらどうなのかについても考えて行ければと思います。
ハウスクリーニング

とはいえ、リンク先の記事はハウスクリーニングをフランチャイズでやったらいいという事が言いたいのではありません。こういった業種があって、それはフランチャイズで参入することができるという事を伝えたいのです。

PAGE TOP