現金が王様。会社を営む上で絶対に外せない現金を確保する方法

「商売をするうえで一番大切なことは志です」などという綺麗な言葉を使う人がいますが、商売をする上での一番大切なものを一般論で示すことはできないので、あなたにとっての大切なものを商売を続けていく中でぜひ見つけていったください。

本記事では、商売を続けるうえでの一番大切なもの、そしてそのものを確保する方法について考えていきます。

■大切なのはおかねです

商売を続けるうえで一番大切なものは、ずばりお金です。とはいえ、儲かりさえすれば、何をやってもよいといった拝金主義を勧めるわけではありません。

ここで言いたいのは、お金は血液のようなもので、足りなくなってしまうとそこで身動きが取れなくなってしまうといったことです。

■約束のお金が払えないと

例えば、どんなに綺麗ごとを言っても、仕入れのお金をちゃんと支払ってくれない取引先と継続して付き合いたいと感じる人は稀ですよね。

しっかりと取引をする際に、「いついつまでに、いくら支払います」と交わした約束を守っていくといった態度が信用を作り上げていくのです。

そして、このような約束を守れないような取引先は信用を得ることができなく、存在していくことがむつかしくなっていきます。

■ダメージが軽くても

このようなお金関係でルーズなことを行い、信用を失うと、比較的ダメージが少なかったとしても

①今後の取引に応じてもらいにくくなる

②後払いといった支払方法には基本的に応じてもらえなくなる

③業界内で話が回って、ほかの取引にも悪影響が出る

といった状況に陥ります。

■ダメージが大きい場合は

また、これが小切手や手形を振り出したなどという、銀行を絡めた取引だったりすると、銀行取引停止といった極めて厳しい制裁を受けます。(この結果、事実上の倒産に追い込まれます。)

このように、お金が回らないと商売を続けることは極めてむつかしくなるのですね。

■大切なお金を調達するためには

さて、このように大切なお金ですが調達するための方法論は非常に限定されています。ここでは、お金を調達するための方法論の(ほぼ)全てを挙げますので、いざとなったときにどうやってお金を調達するかについて考えるヒントにしてください。

  • 収益を上げる
  • 一番王道の方策はこの「収益を獲得する」といったものになります。収益となんだかむつかしそうに書いていますが、要するに売上を上げたり受取利息や受取配当金などで自分の商売の外からお金を稼いでくるということです。

    お金を調達するための方法はいろいろありますが、この方策のみが、事業を永続させることができる力を持っているので、どうやったら収益をあげられるのかについて常に考えていく必要があります。

    どうやって売り上げを増やしますか?どうやって手数料等を受け取りますか?この部分をしっかりと考えていくのが商売を作るということなのです。

  • 負債として調達する
  • さて、お金の調達というと上で挙げた収益を上げるといったことよりも、どこかから借りてくるといった事の方がすぐに思い浮かぶ選択肢かもしれません。

    金融機関などから、1,000万円の融資を受けられれば、一気に手元の現金は増えますからね。

    でも、金融機関から融資を受けることだけが負債としてお金を調達する方法ではありません。例えば、支払いを待ってもらって(掛けで買う)といった方法でも、間接的にお金を調達することろができます。

    例えば、仕入れの支払いを1か月分伸ばすことができれば、実質的に1か月分の支払いに回る現金を借りてきたのと同じことになります。

    毎月100万円を仕入れなどで支払っている事業なら、100万円を借りてきたのと同じ効果が得られるのです。

  • 出資者を探す
  • 次に、資金調達をするために出資者を探すといった方法も考えられます。出資であれば返済する必要がないお金であるため、出資を受けることに成功したら事業の運営は安定します。

    しかし、この選択肢はそこまで魅力的ではありません。というのは、出資者はいざとなったらあなたから経営権をはく奪できるだけの株式数を要求(つまり発行済み株式数の50%以上ですね)するのが一般的だからです。

    たいていの場合、最初はあなたの経営権には手を付けたりはしませんが(うまくいくかどうかわからない段階なら、あなたに頑張ってもらったほうが合理的ですから)、儲かり出した段階でもあなたにそのまま経営を任せてくれるかどうかは別の話です。

    リスクをとって開業という選択肢を選ぶわけですから、リスクを負ったまま雇われ社長になるといった結末は避けたいものです。

  • 資産を売却する
  • また、持っている資産を売却することでお金を調達することも可能です。いらない土地や建物があれば売却することで急場をしのぐことが可能です。

    しかし、このような状況になってくると、かなり業況は苦しいので、資産を売却して資金調達をしなければならないといった選択肢が頭に浮かんだら、まずは公的な機関に相談して支援を依頼したほうがよさそうです。

    ■会計的な整理です

    さて、ここまでのお話しは資金調達を会計の考え方で整理したものになります。

    会計では、一定時点の財政状況を資産と負債、資本(純資産)といった切り口で、一定期間の経営成績を収益と費用といった切り口で整理します。

    そして、この整理は基本的に「もれなくダブりなく」(ミッシー:MECE)といった構造になります。

    とはいえ、そのような言葉を覚えることにそれほど意味があるわけではなく、こういった切り口があるということを知っておきたいというだけになります。

    いずれにしても、資金調達が必要になったら、

    ①収益を上げることはできないか(もっと稼ぐことはできないか?)

    ②負債で調達することはできないか(誰かから借りられないか?)

    ③資本を増強できないか(出資を受ける余地はないか?)

    ④資産を売却できないか(手元の資産の中で売れるものはないか?)

    の順番で考えていくことが必要です。

    PAGE TOP