開業費用についてどうしたらいいの?

開店する時の費用の工面方法等知りたい

開業する時に必要となるのは、費用ですし、その費用を工面する方法が知りたいです。

開業しても、儲からないと折角、起業しても、倒産する可能性が高いですし、初期費用も抑えたいし、とはいえ、豪華にしたいし、且つ、抑えた費用で開拓したいし、儲かれば、もっと豪華にしたい為、それまでにかかる費用と初期費用と儲けと、計算したりと、結果次第では、お店をリフォームする等、工夫したい面もあります。

でも、なかなか個人的な起業では儲かりにくいという面があります。一度失敗すると、開業するのは、少し勇気がいるし、なかなか初期費用が抑えられないとできない事も多いです。

初期費用と抑えた為に、お店が繁栄しない等、難しい面があります。

少し、勇気がいる開業には、開拓に必要とされる費用が一番重要視したい点だと痛感します。

初期費用をいかに抑えて、上手に繁栄させる為に、吟味する必要があります。又、開業とは、簡単なようで難しい面があり、重要視される点です。

又、開拓方法として、実用的な方法は、且つ、儲けになる方法を思案する必要があります。年々、開発していく必要があり、年々、開拓していく必要もあります。

暖房機器や冷房機器等、お店に重要な道具も画期的な物とする必要性があると思いますが、どうしたらよいでしょうか?

回答

開業費用をどうやって工面するか、これは特に店舗型の開業を考えている人にとっては大きな課題になってくると思います。

業種が分からないので、店舗型のビジネスにおける一般的な回答を行います。

  • 特に店舗型の開業の場合、最初にある程度の開業費用というものがご指摘の通り必要です。
  • この費用は、何とか工面する必要があります。工面の仕方にはいろいろな考え方がりますが、ご自身で貯めたり知り合いから借りたり、出資を受けたり(これはほとんど聞かないケースですが…)といった方法があります。

    また、しっかりと創業計画を書いて日本政策金融公庫の融資を利用するといった手段もあり得ます。

    但し、工面する必要がある費用については圧縮が可能です。

    例えば、店舗の立地と見込み売上のバランスを考えて、月々の家賃を抑える事(家賃が抑えられれば、お店関係に必要な初期費用も月の家賃×○カ月分とかになるので減少します。)が考えられます。

    また、什器や内装もコンセプトに合ったモノでなるべく安いものをと削っていくことが可能です。

    最初に費用をかけすぎると後で厳しくなるので居ぬきの店舗を探したりと工夫の余地がありますね。

  • 補助金の活用も検討する
  • と、初期費用をなるべく抑えるのがうまく事業を軌道に乗せるコツですが、そうはいってもやみくもにケチればいいというものではありません。

    立地次第で確実にお客様の数も変わりますし、コンセプトによっては内装などにかなりのコストをかける必要も出てきます。

    そこで、補助金の活用も検討する余地があります。

    例えば、創業補助金などでは、かかった費用の3分の2、上限200万円を補助してくれます。

    この補助金はお住まいの地域によっては使えなかったり(お住まいの行政機関が認定を取っていないと使えないという謎制度です)、募集期間に合致しないとダメだったりしますが活用できるのならば、狙っていく価値はあります。

    (平成27年では4月13日から5月8日まで募集していました。定期的に募集しているのでアンテナを張ると良いと思います。)

    但し、この補助金には審査があるので、そういった補助金を活用するつもりがあるのならばこの機会に経営計画について考えてみると良いでしょう。

    また、人を雇う計画ならば、雇用関係の助成金もたくさんあります。こちらはお近くのハローワークに相談すると親切に教えてくれます。

  • 冷暖房機器等の道具は
  • 冷暖房機器などの道具は特に画期的な物にしなくても良いでしょう。お店のコンセプトが『画期的な物を体験してもらう』といった形でなければ、ある程度の省エネ機能が備わっているオーソドックスな安めのモノで十分です。

    こういった設備がお客さんを呼んできて、売上を作るわけではないので、そういった売上に関係のないところは(少なくとも最初は)節約していった方が良いと思います。

  • 費用をかけるのなら顧客開拓の費用を
  • 知られていなければどんなに素晴らしいお店であっても存在しないも同然です。

    例えば、あなたのおうちの側に、素晴らしい惣菜屋さんがあるとします。しかしあなたはそれを知りません。

    この時、どうやったらあなたはそこにたどり着けるでしょうか?

    知らない以上検索もできないですし、身近な人に「惣菜屋さん知ってる?」ともきけないですよね?

    このように、存在していないモノは探すことが非常に難しいのです。

    そのため、もし費用をかけるのならば業種にもよりますが、適切な広報にお金をかけていくと良いと思います。

    なお、個人事業だと儲かりにくいといった事は特にありません。儲かる事業と儲からない事業があるという事です。

    PAGE TOP