助成金や補助金を獲得したい

国やあなたの住んでいる地域の行政機関がうれしいことは何でしょうか?それはあなたが開業して地域に税金を納めてくれ、また雇用をもたらしてくれることです。

ただし、特にあなた自身の成功には関心を持ってはいません。あなた自身が成功しようが成功しまいが、そのこと自体にはあまり関心がないのです。

ただし、そのようにあまり関心を持っていないにしても、国も地方の行政機関もあなたの事業については後押しをして、自らの政策目標を達成したいとは考えています。

そのため、各種の補助金や助成金といった制度が用意されています。

■ビジネスライクに

と、これらの制度は繰り返しになりますが、国や地方の行政機関などが自らの政策目標を達成するために用意しているものになります。

そのため、補助金や助成金を受けるための要件は厳格に定められており、その要件(条件といってもいいです)に合致していないと、どれほど素晴らしい事業であってもお金を受け取ることはできません。

なんといっても、自分たちの政策目標の達成が主目的ですから、自分たちの目標達成に関係のない分野にはお金は出さないのです。(行政機関で働いている人は厳格な対応をします。)

しかし、逆に言えばその要件に合致してさえすれば補助金や助成金を受ける余地が大いにあるということです。

もし、補助金や助成金の獲得を目指すのであれば、まずは要件ありきとなるのです。

■助成金や補助金について知りたい方は

このように要件ありきとなる助成金や補助金については知っているかどうかがほとんどすべてを決定する世界になります。

知っていれば、要件を整えることも可能でしょうし、知らなければ、要件にピッタリ合致していて後は申請するだけでウン十万円を貰えるような補助金や助成金であっても決して申請までたどり着くことはありません。

そのため、助成金や補助金については知っていることこそが正義なのです。

なお、下記記事については完全に一般論のお話となります。実際の相談であれば個別具体的な内容を聞きながらヒアリングができるのですが、サイト上での想定問答なので多くの人に適合するであろうお話が多くなります。

補助金と助成金
助成金と補助金の違い
まずは己を知る事(自社を知る)が補助金や助成金獲得のためには大切です
補助金や助成金は基本的に清算払いです
補助金獲得のヒントは要綱・ガイドラインに書いてある-家電製品の取説は読まなくても、補助金の要綱は読みましょう-
補助金獲得のために自社をどうやって知るか。6つの質問で考える
補助金や助成金でやってはいけないこと
補助金・助成金は情報入手が非常に大きな要素です
補助金・助成金獲得の流れ | 流れをしっかりと把握しないと思わぬ落とし穴があります
その補助金・助成金本当に必要ですか?補助金獲得を検討するときに事業を考える
助成率・補助率と補助上限額とは
事業期間という聞きなれない概念にも注意が必要です
自社をより深く知る6つの質問上級編。4つの追加質問を通じて自社の真の強みへ

PAGE TOP