会社はあなたの人生まで面倒を見てくれない あるいは組織内で自らの優秀さに頼る事の危険性

起業や開業をテーマにする場合、勤め人、会社員、組織人の生き方と対比した説明がなされます。

このような時に、開業を勧める側の話の進め方としては、独立開業する良さを書くのと同時に、勤め人であることの不毛さを強調するといったやり方が取られます。

例えば、勤め人という生き方に対するマイナス面を強調する書き方としては、「会社に勤めているからと言って安定が保証されているわけではない。自分の腕一本で稼ぐ方が、技術やノウハウが蓄積されるから安定している」と言った現状の不安を強調するやり方や、「まだ会社員なんてやっているの?」などといった感情的な煽り方まで様々です。

但し、やはり勤め人という生き方が当面の生活の安定を重視するのならば合理的であるのは事実です。そのため、あまり感情的な煽りはしないようにしていきたいものです。

■当面の生活の安定

と、勤め人は当面の生活の安定を重視するのならば合理的であると書きました。では長期的にはどうでしょうか?

答えは、「あなたの人生への責任は、あなた以外のだれもとれないのだから分からない」といったモノになるかと思います。

確かに組織で働けば、当面の生活の安定や成長の機会、仕事上の仲間、使命感等生きる上で大切なものを得られます。

しかし、生涯にわたっての安定や保証は与えてくれません。これらのモノは、あなた自身が生き方を選択し、掴み取っていくしかないモノなのです。

■組織が生活・人生を保証してくれるという幻想

さて、あなたの知っている大企業で、大規模なリストラを発表した企業を幾つか思い浮かべてください。

そのようなリストラ策をするような企業が思い浮かばないという方はほとんどいないと思います。

あなたが思い浮かべた大企業はおそらく、就職活動をしていた当時にそのような企業には入れたらとても喜んだような企業であったと思います。

しかしそのような企業であってもリストラを行うのです。

このように、あなたが年金をもらうようになるまでの長期で見た際に、組織で仕事を続けられるような保証はどこにもないのです。

■組織内で優秀さを発揮するという事は

とはいえ、「自分は組織内で評価されているからリストラ候補にはならないはず。だから安泰だ。」と考える人もいます。

その考えは「確かに当面はそうですね」としか言えず、やはり長期にわたっての安定をもたらしてはくれません。

というのは、組織内で優秀さを発揮するためにはの要素が大きく介在するからです。

■現在うまく行っているスタイルでも

例えば、あなたは成果を上げることが最優先であり、そのためにはプロセスを多少省略しても効率的かつ効果的に働くことが良いといった価値観で成果を上げていたとします。

この時、あなたの仕事のスタイルと真逆の、仕事のプロセスを最重要視する上司が赴任してきたとします。

この場合、あなたは仕事を進める上で、プロセスを重視するように(あなたの価値観からすると非効率な)指示を受けることになります。

その結果、プロセスをしっかり踏む必要が出てくるため、今までよりも業績は低下するでしょう。そのうえ、あなたの新しい上司は、指示に従ったとしてもプロセス重視の仕事の進め方はどうしても付け焼刃的なやり方になるでしょうから、あなたの仕事のスタイルをあまり評価しないでしょう。

■仕事は人が持ってくる

その結果、上司からあなたのところに、成功すれば大きな成果の上がる主力案件は回ってこなくなるでしょう。

結局は仕事は人が持ってくるものです。そして、組織内では、仕事の配分は上司がするものです。

という事は、あなたが優秀であったとしても、それを評価しない上長の元では成果が押し下げられ、また、中期的には成果の上がりにくい仕事しか担当することができなくなります。

■完全な優秀さは存在しない

このように、上長の評価一つであなたが優秀か否かが左右される可能性があります。そして、誰が上司になるかは組織人にとってはほとんど運でしかありません。

これに対して、「私はどんな事でも完璧にこなせるから大丈夫」などと反論してもダメです。というのは仮に『完璧さ』という資質を備えていても、人の好き嫌いは理不尽なもので、「あいつは完璧すぎて人間味が無い」などと言われてしまうからです。

■誰が上長になるかは運です

このように、とても理不尽ですが、誰が上長になるかは運です。

そして、上長の仕事のスタイルや性格によって人の好き嫌いが左右されます。

また、好き嫌いが人の評価を大きく左右します。

評価の良し悪しは、それによってもたらされる仕事の質を左右します。

そして、綺麗ごとを抜きにすれば、成果が上がりやすい仕事と上がりにくい仕事は厳然と存在します。

という事は、質の悪い仕事を割り振られれば、業績はほぼ確実に下がります。

この論理の流れで言うと、優秀か否かはほとんど運ですし、好き嫌いで仕事のスタイルの変更を強いられるぐらいの段階ならば、「ある程度は努力や資質によってカバーできると思いますが、質の悪い仕事を割り振られる段階に至ると、逆風が強すぎるため卓越した成果はほとんどの人が出せないでしょう。

■長期的に成果を出せるかどうかは誰にもわからない

かなりシニカルな内容ですが、このように組織内で長期的に成果を出し続けられるかどうかは誰にも分からないことなのです。

そして、組織自体も存続し続けられるかが不透明なこの時代ですので、会社が長期的に面倒を見てくれるとか、定年まで安泰だなどといった考え方は残念ながら通用しないのです。

そのため、今、組織内で恵まれた位置にいる人も、場合によっては開業や起業という選択肢が頭をよぎることが出てくると思います。

■開業すれば、創業すれば

少なくとも、開業してしまえば、ある程度は誰と付き合うかをコントロールできますので、組織人でいるよりは運の要素を排除することができます。

とはいえ、開業や創業の選択肢が簡単だと言っているわけではありません。

開業や起業にももちろん苦労もありますしリスクもあります。しかし、そういった選択肢もあるという事を考えられるのか考えられないのかによって長期的に見たあなたの人生の満足度が変わってくるのならば、開業という選択肢は常に持っておきたいものです。

PAGE TOP