助成金獲得とはどんなこと?

助成金とは補助金とは異なり、おおむね厚生労働省系の役所が出しているお金の事を指すことが多いです。とはいえ、もらえるお金であることにかわりはないのですが、ワザワザ言葉を分けているにはちょっとした理由があるのです。

■助成金獲得
さて、助成金の獲得については基本的な考え方は補助金の獲得時と同じです。(補助金側の基本的な考え方は本サイトの親ブログであるまんがで気軽に経営用語の本記事にも書いてありますし、補助金獲得とはどのようなことかといった記事にも書いてあります。)

簡単におさらいすると、行政機関は補助金や助成金を出すことによって自分たちの政策目標を達成したいと考えている。そのため、補助金や助成金をしっかり活用することは世の中の役に立つこととなる。(少なくても公の機関の役に立つ)といった事が言えるのです。

そのため、助成金も補助金も返さなくても良いお金として、渡されるのですね。

■助成金は比較的貰いやすい
「おなじだったら言葉を分ける必要ないよね?」といった声が聞こえてきた(ような気がした)ので、助成金と補助金の大きな違いを挙げます。それは、助成金は比較的貰いやすいという事です。

というのは、助成金の場合、要件に合致すれば基本的に支給されますし、その要件も「経営計画を立てて数年後の収益を予測してこれだけ儲かるから補助金を支給してください」といった切り口ではなく、「○○といった属性の○○さんをハローワーク経由で雇いますので、助成金を下さい」といった感じとなります。

つまり、事業計画に対しての評価はあまり関係なく、人を雇った事などに対して支給されるお金なのです。(斜に構えた言い方をすれば、厚生労働省的には企業自体が発展しても発展しなくてもそんな事はどうでもよくて、雇用の確保さえできればよいといった発想です。(まあ、こんな風に言うと明らかに言いすぎですが…))

そして、このような人に関するお金なので、例えば雇用保険のお金などが財源となるのです。(貰える人には関係のない話ですが、労働保険や社会保険の加入が必須要件になっている等の理由はココだったりします。)

また要件を満たしていれば支給されるという事は、作成する書類は定型的なものとなるということです。

■しっていますか?
と、ここまでのお話しで、「ふーん助成金は要件さえ満たせば比較的簡単に支給されるんだ…」と思われた方も多いと思います。

しかし、このことは裏を返せば「しらなければそれで終わり」という事にもなります。つまり、知っていれば出たかもしれない助成金。しかし、しらなければ申請することが一切できないので、そこで終わってしまうのです。

また、助成金については知っていたからと言って、自社の事業が該当するかどうかが判断付きにくいといった問題もあります。

例えば

本助成金を受給するためには、次の要件のいずれも満たすことが必要です。

(1)ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等(※1)の紹介により雇い入れること
(2)雇用保険一般被保険者として雇い入れ、継続して雇用すること(※2)が確実であると認められること。
※1 具体的には次の機関が該当します。
[1]公共職業安定所(ハローワーク)
[2]地方運輸局(船員として雇い入れる場合)
[3]適正な運用を期すことのできる有料・無料職業紹介事業者

中略

雇入れ事業主が、対象労働者について最低賃金法第7条の最低賃金の減額の特例の許可を受けている場合は、支給対象期について対象労働者に対して支払った賃金に次の助成率を乗じた額(表の支給対象期ごとの支給額を上限とする)となります。
・対象労働者が重度障害者等以外の者の場合 1/4(中小企業1/3)
・対象労働者が重度障害者等の場合 1/3(中小企業1/2)

厚生労働省HPより http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/tokutei_konnan.html

といった風に記載されるので、アレルギーを起こす人も多いと考えられます。

本サイトでは個別の補助金や助成金について現場経験豊富な中の人のチームが 説明をしていきます。ただ、ウチはどれが当てはなるのかな?といった事は一般向けのブログですので応えきれないことが想定されますので、個別の案件についてはご相談くださいませ。

PAGE TOP