経営計画を立てておけば色々有利なことがあります

あなたは経営計画という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

行政が主催している開業塾とか起業塾に行かず、開業にあたって融資を受ける必要が無い人にとっては本当になじみのない言葉だと思います。

しかし、開業塾とかに参加したり、開業融資を考えた途端に必ず必要になるモノがこの経営計画です。

■結論から言うと多分経営計画は作った方がいいです

多分とか結構あいまいな言い方ですが、本当に多分としか言いようがないのです。

というのは、経営計画を立てなくても成功する人は成功しますし、経営計画を立てたからと言って成功できるとは限らないからです。

しかし、少なくても経営計画を開業前や起業したての段階でたてておけば『ちょっと最近計画通りではないな』と問題の兆候に気が付くことができるかも知れません。

そのため、『多分』経営計画は作った方がいいのです。

■もちろん融資が必要な場合は必須です

もちろん、開業にあたって融資を受ける必要があるのならば、経営計画を作る事は必須になります。

また、補助金や助成金を受ける際に必要となるので、絶対に必要とまでは言えませんがこの機会に作ってしまった方が望ましいでしょう。

なお、以下の手順に沿って経営計画(事業計画)を作っていただければ、日本政策金融公庫の創業融資の申込書に記入できるだけの材料がそろっていきますので、頑張っていきましょう。

■経営計画の立て方を順を追って説明します

ココでは経営計画の立て方を順を追って説明します。上から順に取り組んでいただければ、必要な計画書の材料が全て揃います。

さあ、準備はいいですか?紙とペンを用意して経営計画を立てていきましょう。(もちろん私どもにご連絡いただければ一気通貫で支援します)

  • 総論 まずは事業の全体像を考えよう
  • 何はともあれ最初は経営理念を決める必要があります
    経営理念を考える(その2)創業の動機を考えてみましょう
    開業する事業の概要を紙に書いて考えましょう
    市場はどうだ?競争環境を調べて狙い目を探す

  • 各論 経営計画の細かいところを考えて計画に魂を入れよう
  • 思いつくまま書きとめて、具体的な事業計画を作っていくのです
    開業するにあたって必要な資金はどれくらいかを調べて書きだしてみよう
    開業の成功確率を上げるため開業資金は何度も見積もって抑えるところを抑える
    はじめる前に利益を見積もろう―損益計画書を作ってみよう―

    PAGE TOP