開業の成功確率を上げるため開業資金は何度も見積もって抑えるところを抑える

コチラの記事で一緒に開業資金が見積りました。本稿は若干蛇足ではありますが見積もった開業資金を見直します。

「見積もったばかりで見直すって?」といった反応が予測できますが、、そうです。これから再度見直します。

■開業資金の代替案を考える

さて、開業当初は見栄は敵です。どうやって同様の効果をより低コストで得られるかを考えていきます。

例えば、お店を開店すると決めたあなたは、内装工事の見積もりを入手しました。

その、内装工事をそもそもしないで済ますことはできないでしょうか?例えば、居ぬき物件を利用できないかを再度検討してみてください。

さらに、知り合いに内装工事ができる人はいませんか?その人は「あなたが商売をするなら材料費だけでやってあげる」と言っていませんでしたか?

また、事務所を借りる事を考えている方は、その事務所を借りずに済む方法は無いでしょうか?自宅兼事務所では本当にダメですか?

バーチャルオフィスは検討しましたか?

あとは知り合いの事務所に間借りさせてもらう事はできませんか?

また、立地を多少犠牲にしてもっと安い家賃の事務所じゃだめですか?

敷金(保証金)の安い店舗や事務所では不具合がありますか?

このように、一度決めた事ですが、契約を結んでいないのならばまだまだ修正は可能です。より低コストを目指して検討していきましょう。

■運転資金も低くできないか

最初は知名度が無いためある程度の広告宣伝は必須です。しかし、チラシを配るにしても、もっと低コストで効果的な方法は無いでしょうか?ホームページを低コストで作る方法は?

事務所や店舗のサイズを一回り小さくすれば、家賃だけでなく、水道光熱費なども抑えられませんか?

通信費も見直してみましょう。

また仕入れ条件や支払い条件に工夫の余地はないでしょうか?支払いはなるべく後回しにし、お金の受け取りは早くする方法はないでしょうか?

■考える順番は

さて、見直せ見直せと掛け声だけ言われても、考え方のヒントが無いとどうにもならないと思います。

そこで、物事を見直す場合の一般的な手順を示します。

  • まずは、なくせないか
  • どんなことでもやらないのが一番のコスト削減です。セールで9割引きのモノを買うよりも、買わないのが一番安いのです。

    本当にその支出は必要なのですか?もう一度考えてみてください。

    何かを抜本的になくすことができればそれが一番効果の大きな開業費の節約方法です。

  • 何かで一緒にできないか
  • 次に、別のものを流用できませんか?コピー機を買う必要ありますか?本当は安いコピー機能付きのプリンターで十分じゃないですか?

    より安い選択肢を検討してみてください。

  • 利用することにフォーカスする
  • 本当にそのモノを所有する必要がありますか?ドリルを買う人はドリルの穴が欲しいのですよね?

    あなたにとってのドリルの穴は、どうしてもそれを買わないと手に入れられないのですか?

    リースやレンタルも検討してみてください。また、どうしても購入しなければならないのならば、中古品を使う事も検討してください。

  • よりシンプルで簡素な方法は?
  • 本当にそれだけのスペースが必要ですか?もっとこじんまりとしていて簡素なお店じゃだめですか?

    ■何度も見直す

    必要なモノを表にしてそれを何度も見直して見ることによって思わぬ節約法があるかも知れません。

    仮にあまり節約できなくても、紙に書いてそれを何度も検討するだけで開業の成功確率が上がるのですから、やらない手はありません。

    なお、開業費の削減に役立つサービスは以下の記事で紹介してますのでご参考にしてくださいませ。

    ホームページは売り上げ増加のための必須の手段です

    お客さんが事務所にくる必要が無いのなら、バーチャルオフィスで格安な事務所を開設できます

    事務所を設置したらネット回線・電話回線も必要ですね

    PAGE TOP