事務所を設置したらネット回線・電話回線も必要ですね

いきなりでなんですが、基本的には事務所の設置は、事務所を設置せずにする手段を考えた後、どうしても事務所が無いといけない場合における最後の手段だと捉えています。

というのは、開業当初に事務所を借りるとそれだけで100万円近い初期費用が掛かりますし、最近ではバーチャルオフィスという非常に優れたサービスがあるので郵便物や連絡先を自宅にしたくないというだけであれば、そちらを使った方が安上がりだからです。

バーチャルオフィスについてはコチラで解説しています。

しかし、どうしても事務所を設置しないといけないビジネスも存在していることは事実です。その場合の、ネット回線・電話回線はどうしたらよいでしょうか?

■どれだけ使うか

基本的には、事務所を設置するぐらいですから、かなりネットを使い倒す事が想定されます。

調べものにメール、備品の発注など。現在ではネットが無ければ仕事にならないと言っても過言ではありません。

しかし、どれだけネットを使うかは個人差があります。

本サイトの基本方針は、開業にあたって余計なコストはかけないという事。ですので、最小限のネット利用でしかないのなら、事務所であってもスマホ等のテザリング機能で十分ではないかと考えます。

また、電話についてはやはり固定電話の番号があった方が信頼性が増すと考えられますので、固定電話を引かないといった選択肢を取るばあいは転送電話で十分だと思われます。

とにかく初期費用や月々の固定費を削減するのが開業を軌道に乗せるための鉄則ですので、不要不急の支出は極力避けてください。

■そうはいってもたくさん使うなら

但し、ネットも電話もたくさん使うといった業種も存在します。また、現在でもFAXが現役で活躍しているといった業種もあります。

その場合、好むと好まざるとネット回線および電話回線が必須になりますので、電話回線手配などのサービスを利用してどのような回線を引くのが良いのかを相談してみると良いでしょう。

また、特にFAXは使わないけど、ネット環境と一緒に固定電話も整えたいといった場合は、

光回線を相談するといった手段もあります。

いずれにしても、ネット回線も電話回線もある程度の期間利用し続けるといった縛りが出てきてしまいますので、そこも考慮してトータルコストが安くなるような選択肢を考えてみてください。

PAGE TOP