開業のプロが教える!他人のビジネスモデルを使って効果的に儲かる開業方法の構築方法!!

ビジネスモデルを一から構築する。これが開業や起業を志した人が最初に乗り越えるべき関門です。

ただ、この関門を乗り越えるのは、言葉で言うのは簡単ですが、乗り越えるためには非常に大きな問題があります。

それは、開業や起業を志した人が忙しい中で全て自分でやらなければならないところです。

そして、苦労して構築したビジネスモデルが本当に機能するかはやってみないとわからないという怖さもあります。

ここでは、多数の創業者のお話を聴いてきた筆者が、他人が作ったビジネスモデルを使わせてもらって、非常に固く利益を獲得していく方法をお伝えします。

今あなたがどんなスキルを持っているか、どんな経歴でやってきたかは関係ありません!大切なのは、やり遂げるという気持ちの強さと、実際に収益を得られるビジネスモデルなのです!!

■独立開業に向けて
どうして収益を上げることができるのか?

開業や起業と言葉では簡単に言うのですが、あなたはどうして収益が上がる商売と、全然儲からずに残念な結果になってしまう商売があると思いますか?

その職業の経験は特になかったけれども、結果として儲かって、今では数店舗のオーナーになった人もいれば、全然逆に、自分が働いていた業界で起業をしたため、十分なノウハウを持っていた。でも、儲け方が分からずに、結果として生活に困っている。

同じ業界に飛び込んだけれども、こんな風に対照的な結果となってしまったといった事はよく聞く話です。

前者の儲かって数店舗のオーナーにはなりたいですが、後者の生活に困るのは嫌ですよね?

では、どうしてこのような差が出てしまったのでしょう?

考えられる内容は、

必要な努力や資金などの資源を投入したかどうか

開業した段階で儲ける仕組みを構築できていたかどうか

必要な努力や資金などの資源を投入したかどうか

といったことでしょう。

言うまでもありませんが起業や開業は楽なことではありません。

そのため、起業する段階では持っている様々な資源を総動員して対処することになります。

例えば、お店を開店しようと考えているのに、真面目に考えもせず、準備もせずなんとなくオープンするような人はいるでしょうか?

そのような人はいないはずです。

しかし、どれだけの努力や資金を投入する必要があるか。どの分野に資金や努力を投入したら効果があるか。

こういった事を判断して、実際に資源を投入していくのが真の開業準備ですが、本当に必要で十分な資源を投入できているでしょうか?

しかし、

注意しなければならないのは、投入した資源の量がそのまま開業準備ではないという事です。

開業準備をしている人の中には、「ほとんどかかりっきりで準備をしているし、ためた貯金もどんどん投入します」といった風に言う人もいますが、これらはあまり関係のない事です。

この理屈は、これから開業して戦っていく市場とは関係ない、開業者側の都合です。

例えば、蕎麦屋さんをやろうと考えている人が2人いるとします。

一人は、蕎麦屋さんで長年働いてきた人、もう一人はIT業界で働いてきた人が趣味であった蕎麦打ちを元に起業したいと考えているとします。

この場合、蕎麦屋さんで長年働いてきた人が1か月で準備をしたとします。では、IT業界の人はどれだけの準備が必要でしょうか?

少なくとも、蕎麦屋さんで働いてきた人よりは念入りに準備をする必要がありそうですよね?

では仮にIT業界で働いてきた人が10か月かけて準備したとしましょう。

どうでしょうか?「確かにIT業界で働いてきた人が飲食店の準備をするのには時間がかかるよね。」と思いますか?

でも、現実はもっとシビアです。

1年かけて準備してきたIT業界の人は、それだけ時間をかけたけれどもはたして蕎麦屋さんでの経験がある人と同じ準備ができたでしょうか?

仮にできたとしたら、IT屋さんは10倍の時間をかけたけれども、準備という量は蕎麦屋さんもIT業界の人も同じです。

でも、出来ていなかったとすれば、時間は10倍投入したけれども、準備量は蕎麦屋さんに及ばないといった結果が出てしまうのです。

■開業した段階で儲ける仕組みを構築できていたかどうか

準備の量が多かったとしても、商売で儲けるためにはいろいろな仕組みを作りこむ必要があります。

食材をどこから調達するのか?お店のレイアウトは?アルバイトさんはどうやって雇うのか?どうやって訓練するのか?

お店をどうやって知ってもらい、来店につなげるのか?

このように、儲けるためのしくみを構築するためには多岐にわたる分野を同時に考えていって、仕組みを作っていく必要があるのです。

■経験という絶対的な差を埋める最終手段

と、このくらい開業したいと考えている分野での経験は重要です。というか、最重要と言ってもいいかもしれません。

この経験の差がビジネスの成功の差になるかどうかが気になるところですが

「誰にもなんにも分からない」

のが、面白いところです。その道一筋50年みたいな人が独立してもうまく行くかどうかは分かりませんし、全然他業種の人が、他業種から持ち込んだノウハウで大儲けするといった事もあります。

ただ、一つだけ言えることがあります。それは、開業や企業は甘いものではないので、必死になって取り組まなければ、その道で生計を維持することすら難しいという事です。

努力すれば結果につながるのは、学校に通っていた時までですが、そうはいっても、努力をしないと成功はおぼつかないという事は本当の事です。

では、経験のない分野で開業したいと考えている時にはどうしたらよいでしょう?

そのためには

色んなビジネスモデルを知る

これはと思うビジネスモデルを採用する事ができる

といった事が大切だと考えます。

そして、これらの事が実現できるのがフランチャイズの可能性であると思います。

■色んなビジネスモデルを知る

準備にかけた時間=準備の量ではないと書きましたが、この考え方はとても重要です。

準備にかけた時間が、開業準備の量ではないという事は、逆に言うと時間を節約しながら効果的に開業準備をすることができるという事です。

フランチャイズには様々な商売がありますので、その中からどこで戦うかを決めることができます。

全く未経験の分野での開業を考えている人にとっては、純粋に各フランチャイズのビジネスモデルを比較することができますので、かえって既に業界で経験を持っている人と比べて有利です。

というのは、古代ローマの将軍カエサルは「人は自分が信じたいと思う事を信じてしまう」と言ったように、既に経験がある人がフランチャイズのビジネスモデルを参考にしようと考えた場合、自分の考えたビジネスモデルの優秀さを再認識できるような情報を無意識に集めてしまう傾向があるからです。

その場合、色んなビジネスモデルを横断的に見ることができるといった開業前の利点をあまり行かせないことになってしまいます。

その点、未経験な分野でこれから開業を考えている人は、先入観を持たずにフランチャイズの情報に接することができるので非常に有利なのです。

■これはと思うビジネスモデルを採用する事ができる

さて、フランチャイズを考える時に一番大きな利点は、既に成功したことがあるビジネスモデルを一式提供してもらう事ができるという事です。

先ほど、儲けるためのしくみを構築するためには多岐にわたる分野を同時に考えていって、仕組みを作っていく必要があると書いた通り、一からビジネスを作る時には、儲かるための仕組を作っていく必要があります。

仕入先は?誰を雇うの?値段はどうやって決める?広報はどうする?お店の立地は?

こういった事を一つ一つ決めていくわけですが、悲しいお知らせがあります。

それは、どんなに努力してこれらのことを決めても、それでうまく行く保証はどこにもないという事です。

これに対して、フランチャイズの場合は、少なくともそれでうまく行った事があるビジネスモデルであるという事実があります。

この事実はとても重い事実です。

一度でも儲かったことがあるビジネスモデルと、これから市場に問うてみる全く新しい(斬新とかそういった意味ではなく、単に新しいだけです)ビジネスモデルのどちらを選ぶのかを問われるのです。

■あなたの覚悟を問われる

開業する場合、問われるのはビジネスモデルと同時に、あなたの覚悟もです。

一から構築したオリジナルのビジネスモデルで市場に戦いを挑むのも自由です。

また、実証済みのビジネスモデルを使って市場に戦いを挑むのも自由です。

但し、いずれにしてもあなたのやったことはあなた自身に全て帰ってきます。

開業・起業後の世界はきれいごとではありません。そのため、その覚悟が必要なのです。

そして、必要な情報を確実に入手できるといった点でフランチャイズはお勧めです。

もし、ご自身のビジネスモデルを構築している方であっても、資料を取り寄せて説明を聞く事によって、確実にご自身のビジネスモデルをより良くするためのヒントが手に入ります。

また、もし気に入ったビジネスモデルがあれば、そのままそれを利用すればよいのです。

PAGE TOP