まずは、経営理念を固める―何のための商売なのかを考える―

商売をご自身でやる場合、一番大切なことはなんでしょうか?

売上を上げる事?儲ける事?それとも社会貢献?

どれも大切ですが『一番』と問われたら『何のために商売をやっているか』という問いかけに対する答えでしょう。

■経営理念と言います

何のために事業をするのか?どうしてこの事業を始めるのか。そういった非常に内面的な問いかけに対する答えを経営理念と言います。

そして、この経営理念がしっかりと固まっている事業はいい事業になると言われています。

例えば、

私たちの使命は、生産・販売活動を通じて社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与すること パナソニック社HPより

と掲げているのは現在のパナソニック、かつての松下電工です。

また、

社会の問題点を解決する パソナグループHPより

としているのは人材派遣のパソナです。

そして、このような経営理念がしっかりとしている事が、その事業の根幹の価値観となってくるのです。

そのため、難しい判断に迫られたときには、上のような経営理念に沿って判断を行うよりどころになりますし、組織が大きくなって来れば企業の組織文化の方向をしめしてくれるのです。

■個人事業や開業当初でも必要です

さて、このような経営理念ですが、個人事業を始める際にもしっかりと決めておくことがとても大切になります。

それはあなたの事業における『成功』を定義づけることにつながりますし(経営理念に掲げた事が達成できたらそれは成功ですよね?)、あなたの行動に一貫性が出てブレなくなります。

例えば、『今住んでいる地域に貢献する』といった経営理念を掲げているのならば、地域のためにならない事業に進出する事はなくなるでしょうし、一貫して地域のためになるといった姿勢を貫けば、地域での信頼感は大きなものになるはずです。

開業すると、「あっちの方が儲かりそうだ」といった形の隣の芝が青く見る現象が多く発生します。

しかし、隣の芝が青いのは、技術を持っている庭師がちゃんと手入れをしているからであって、簡単な気持ちで参入すると経営資源の無駄遣いで終わってしまう可能性が大いにあります。

そのような時に、経営理念がしっかりしていれば、そのような安易な意思決定をしなくて済むという訳です。

■したい事を経営理念に

このような経営理念ですが、どうしても『経営理念』などというと、ハードルが高くなりがちです。

だって、「弊社の経営理念は」なんていうのはちょっと照れますよね?

でも、そんなに構えて考えなくても大丈夫です。要するに、したい事、開業したいと思った動機を経営理念にしていけばいいんです。

したい事と、できる事とやらねばならぬことといった考え方がありますが、経営理念は『したい事』を中心に組み立てていけばいいのです。

■経営理念の例

例えば、『お客さんに美味しいおそばを食べて欲しい』といった理念でもいいですし、それを一歩進めて少し抽象化して『お客さんに食を通じて笑顔になってもらいたい』でもいいのです。

この『食を通じて』といった経営理念を掲げる場合には、食品関係の仕事は経営理念の延長として取り組む事ができますし、本業として捉えることが可能になります。

そして、本業に関係ない例えばクリーニング事業に進出しようという事に対しては一定の歯止めがかかるという訳です。

■本業の周辺領域

と、この歯止めがかかるという事は実は結構大切です。というのは、事業がうまく行って拡大していく場合、本業と何らかの形で関係性のある事業へ進む方が成功確率が高いとされているからです。

例えば、類似のモノを扱いながら別の市場を攻めるといった考え方があります。

お蕎麦屋さんなら、扱っている品物や調理のノウハウ等に関連してイタリアンとか別の分野の飲食店をするとか、持ち帰りの惣菜を始める。出前を始めるといった切り口があります。

また、同じ市場に対して別のモノを扱うといった事も考えられます。

これは、お蕎麦屋さんのお客さんにお酒を飲んでもらうとかそんなイメージです。

いずれにしても、経営理念がしっかりしていれば本業の周辺領域で勝負することが多くなるので、既存の経営資源が利用できます。

その結果、大外しが少なくなるのです。

■社外からの期待

また、経営理念がしっかりとしている事業は、一本筋が通った対応ができるので、社外からの信頼性が増します。

これは、対応に迷う際には、経営理念に立ち返って、それに沿った対応をする事で結果として一本筋が通る事から生じます。

ダメなものはダメと言うにしても、基準がはっきりしていれば、お客さんにとっては一貫した対応となるので信頼感が増してくるのです。

創業・開業・経営について

  1. 自社をより深く知る6つの質問上級編。4つの追加質問を通じて自社の真の強みへ
  2. 事業期間という聞きなれない概念にも注意が必要です
  3. 助成率・補助率と補助上限額とは
  4. その補助金・助成金本当に必要ですか?補助金獲得を検討するときに事業を考える
  5. 補助金・助成金獲得の流れ | 流れをしっかりと把握しないと思わぬ落とし穴があります
  6. 補助金・助成金は情報入手が非常に大きな要素です
  7. 補助金や助成金でやってはいけないこと
  8. 補助金獲得のために自社をどうやって知るか。6つの質問で考える
  9. 補助金獲得のヒントは要綱・ガイドラインに書いてある
  10. 補助金や助成金は基本的に清算払いです
  11. まずは己を知る事(自社を知る)が補助金や助成金獲得のためには大切です
  12. 助成金獲得とはどんなこと?
  13. 人脈を作っておくとよいというけど異業種交流会とかの人脈って開業に役立ちますか?
  14. ズバリ言います業種別開業の手引き
  15. ラーメン屋さんを開業するのなら検討したいこと
  16. 助成金や補助金を獲得したい
  17. これから開業したいと考えているみんなの悩みに答えます
  18. 会社勤めの片手間にネットで起業したい【ネットショップの仕入】
  19. 顧客の獲得方法について教えて下さい【行政書士】
  20. 初期費用は少なく、環境は慎重に。時期は開業準備ができた時です!
  21. 個人商店の収益はいくらくらいで軌道に乗るのか【ネイルサロン】
  22. 開店前にわかる事を調べて計画に落とし込んでみよう【古本屋さん】
  23. 開業資金の調達、特に融資について【雑貨屋】
  24. 独立開業したいけど、初期費用はどうしたら捻出できますか?【開業費の捻出方法】
  25. 開業費用についてどうしたらいいの?
  26. 一体何を準備すれば良いのか、税務や税理士さんに対する一般的な回答
  27. 場面別に役立つ宣伝方法をまとめました
  28. お礼状を出すことの見逃せない利点、手紙を書くクセを付けよう
  29. 常連さんを大事にするのがどんな商売でも基本。固定客をつかんで安定を得る
  30. サイト運営は即効性が無いのですが将来に向けての投資です
  31. 折り込みチラシは安いし現在でも効果的な手段です
  32. 開業したらHPを作ります?作ってから有効に機能するまで時間がかかるのにどうして今作らないの?
  33. 人に会いに行こう 嫌われていないのなら会いに行く回数を増やすほど好感度が増します
  34. お礼状を出していない?どこでつながるかわからないから退職するときはお礼状を出しましょう
  35. 起業をするなら道具にはこだわれ(こだわらなくてもいいけど便利なものは使いましょう)
  36. ゴム印というとても便利なスタンプを使って仕事の効率を上げましょう
  37. 印刷は重要でも、初期費用は極力抑えましょう
  38. 事務所は必要か?自宅兼事務所、バーチャルオフィス、貸事務所を比較して考える
  39. 商標・ロゴ・マークでブランドを構築すると将来的にだんだん有利になります
  40. 個人が開業するときに必要な印鑑は最低限一つあれば対応可能です
  41. 印鑑にこだわる(開運とかゲン担ぎではなく、仕事に使う道具ですから)
  42. 備品の基本は節約。あれもこれも揃えるのは収益が上がった後で大丈夫です
  43. はじめる前に利益を見積もろう―損益計画書を作ってみよう―
  44. 開業の成功確率を上げるため開業資金は何度も見積もって抑えるところを抑える
  45. 事務所を設置したらネット回線・電話回線も必要ですね
  46. ホームページは売り上げ増加のための必須の手段です
  47. 開業するにあたって必要な資金はどれくらいかを調べて書きだしてみよう
  48. 経営計画を立てておけば色々有利なことがあります
  49. 思いつくまま書きとめて、具体的な事業計画を作っていくのです
  50. 市場はどうだ?競争環境を調べて狙い目を探す
  51. 開業する事業の概要を紙に書いて考えましょう
  52. 経営理念を考える(その2)創業の動機を考えてみましょう
  53. まずは、経営理念を固める―何のための商売なのかを考える―
  54. 現金が王様。会社を営む上で絶対に外せない現金を確保する方法
  55. 何で売り上げを稼ぎます?お金をいただくところは限定した方がいいという話
  56. サービスの質が低い?それに気が付いた時にどうするかがあなたのお店の分かれ道です
  57. 人を雇うのなら「一生懸命がんばれ」などといった精神論でなく効果の上がる仕組みを考えよう
  58. 売り逃しは売れ残りよりもダメージ大なので全力で避けてください
  59. お客さまの言う事だからと言って何でもかんでも対応するのは間違いです
  60. 開業するなら知っておきたい経営のイロハ
  61. 今日から始めるリスク回避策。開業後はリスクから身を守る術を身に着ける必要があります
  62. 目指す方向を明確化して微調整しながら経営する方法(そのためには経営計画を立てましょう)
  63. いくらの売上で収支がトントンになるかは簡単に予測出来ます
  64. 経営者は体力勝負!?少なくとも検診を受けて大病は早期発見を
  65. 事業によっては従業員さんを雇う必要があり、従業員さんを雇うなら手続きが必要です
  66. 売上はお客さんの数とそのお客さんが使うお金の掛け算になります
  67. 現金と利益と売上は似ていると思えますが全然別の概念です
  68. 現金が尽きたらゲームオーバーというシビアな現実
  69. 保証人にはなるなと良く言われますが、何がいけないのかを解説します
  70. 脱サラ+なんでもいいといった訪問者のニーズにこたえてみます
  71. 開業のプロが教える!他人のビジネスモデルを使って効果的に儲かる開業方法の構築方法!!
  72. 開業にあたって、できることを広げすぎないという覚悟を持つ
  73. 顧客のニーズという言葉を考える前に『誰を』顧客にするかを決める
  74. あなたのお客さんは誰?何を売るの?どんな風に売るの?
  75. 何をやっていくかを決める
  76. リスクは有るけどあたるとデカい。市場の成長性を見込んで新分野に賭けろ
  77. 自分の強みは何?今の強みは経験ある業種の周辺にあります。
  78. 銀行に口座を開設しよう
  79. 従業員を雇うなら 労災保険、雇用保険、社会保険について
  80. 所得税の青色申告承認申請書をだして青色申告をしよう
  81. 開業にあたっての届け出
  82. まずは開業届を出せば、あなたも個人事業主
  83. 個人事業の場合、最初にずっと使っていく大切な屋号を決める必要があります。
  84. 個人で開業?法人で開業?それぞれ長所と短所があります
  85. それで生活するという覚悟を配偶者と共有することが大切です
  86. 何でもできるという罠。なんでもできるあなたに頼むことは何にもありません
  87. 開業、起業には2種類あります。あなたはどっち?
  88. オンリーワン?甘い事言わないでナンバーワンになってください
  89. お金があれば課題は解決できますがお金を使わず解決する方法を考えよう
  90. お客さんが事務所にくる必要が無いのなら、バーチャルオフィスで格安な事務所を開設できます
  91. 会計お得意ですか?少しできるぐらいなら思い切って専門のサービスを利用しましょう
  92. 完璧に準備してから開業する?何をもって完璧と判断するんですか?
  93. 起業をするのに独創性は本当に必要か?ハードルを自ら上げ過ぎていませんか?
  94. 起業家精神というハードルが高すぎる精神なんて、ミンナ持っていないから大丈夫です
  95. ハウスクリーニングという決してコンピュータに仕事を奪われないフランチャイズ
  96. フランチャイズ加盟という選択。ビジネスモデル一式を手に入れるというのも選択肢です
  97. したい事、できる事、やらねばならぬ事このバランスが大切です
  98. 人脈っていうけどあなたはその人に何が提供できるの?
  99. とりあえず名刺を作ろう。話はそれからだ
  100. 特定の組織で偉かったあなたへ―その人脈は役に立ちませんよ?
  101. 撤退プランも用意しておこう
  102. 脱サラ戦略!?
  103. 会社はあなたの人生まで面倒を見てくれない あるいは組織内で自らの優秀さに頼る事の危険性
  104. 今の仕事と起業。比較して考えると起業という選択肢の意味がはっきりします
  105. 起業すると心に決めることの大切さ。また精神論かよ…と思う人にこそ聴いてほしい
  106. どうして開業したいの?開業のリスクとそれを乗り越えた所にある希望について
  107. 【独立開業】独立開業をするときに必要な情報、解決策をご提示します【何からやる?】
PAGE TOP