今日から始めるリスク回避策。開業後はリスクから身を守る術を身に着ける必要があります

開業をしたり、起業した場合には、ある意味大きなリスクを取っているのですが、不意の損失を慎重に慎重を重ねて回避する方法を考えていく必要があります。

もちろん、火事も事故も100%は防げませんが、そうした火事や事故に遭ったとしても破滅しないような体制を整えておくことは可能です。

今日から始めるリスク回避策という内容を本稿では書いていきたいと思います。

なお、リスクの本当の意味とは不確実性であるといった議論は、経済学や金融工学について語りたいわけではないので、ここではしません。ここで言うリスクとは不意の損失ぐらいの一般的な意味で使いますのでご了承ください。

■リスクは回避できる

さて、あなたが起業や開業した場合には、リスク回避の方法が沢山ある事、そして、リスクの存在の多さに驚くはずです。

例えば勤め人でいる限り、生活一式を一つの取引先(勤め先ですね)に依存するといった状態に基本的に陥ります。

どれぐらい依存するかというと、取引先1社に売上のすべてを依存し(給料のみを受け取り)、その取引先の意向によって扱う商材まで変え(営業さんが経理で働くことも珍しくないですからね)、また立地も取引先の意向で変更させられる(いわゆる転勤ですね)といった状態です。

開業をしたあなたにとっては、そんな状況は正気の沙汰ではないと思うかもしれませんが、そのような状態であっても勤め人こそ安定していると言った価値観を持っている人も多くいるのです。(そして、確かに安定しています。)

もちろん、こんな風に書いたからと言って勤め人として働くのは良くないとか、そういった人たちをけなす意図は全くありません。勤め人であることは生活の糧を得るために、とても合理的な行動ですし、仕事仲間と同じ目的のために努力するといった事はかけがえのない経験ですから。

ただし、確かに開業後は取引先個々のリスクは大きくなるかもしれませんが、そういった全面的に一社に依存しているリスクと比べれば開業後はリスクコントロールが利きますよといった事は事実として存在しています。

■取引先は自由に分散できます

まず、開業した後は、取引先を自由に分散できます。例えば、大体3分の1づつの売上を3社と取引をしてあげている状態ならば、一社とだけ取引するよりもリスクは小さくなります。(三社がいっぺんに傾く可能性は一社が傾く可能性よりも低いですからね。)

ただ、際限なく分散して行くと事務の手間が増えて非効率になりますので、収益性とリスク分散を両立するのならば、数社のメイン取引先と小口の取引先が多数といった関係にはなると思います。

また、これは仕入先についてもいえることで、いくつかの仕入先と取引をしておけば、仕入が全面的にストップするといったリスクは避けることができます。

■保険も掛けることができます

また、取引先の経営が危なくなる兆候があれば、信頼関係を損なわない範囲で売掛金の回収を早めたり(要するに『つけ』を早く払ってもらうという事です)、現金取引にしか応じなくするとか、取引を縮小するといった予防策を取ることができます。

これは勤め人にはできない対応策です。勤め先の経営が危うくなっても、取引を縮小したりはできませんからね。

さらに、取引先が倒産することに備えて『中小企業倒産防止共済』などといった公的な共済に加入することも可能です。

この共済は払い込んだ掛け金の10倍までを取引先が倒産したら貸してくれるといった制度ですので、連鎖倒産の防止に役立ちます。

もちろん勤め人にも、雇用保険という保険が用意されていますので、何かあったら活用してくださいませ。

■仕入れる量も調整できます

例えば、「ミントが花粉症に利くってテレビの情報番組で報道される」といった情報をいち早くつかんだとします。(単なる例なのでミントが花粉症に効くかどうかは知りませんよ。)

この時に、「売って売って売りまくるぞ」とばかりに、手持ち資金をすべてミントの仕入に使うといった事をすれば、大きなリスクを負う事になります。

しかし、「まあ売れるだろうけど、ある程度の量にしておこう」と自制心を利かせればリスクは抑えることができます。

このように、仕入の量は開業したら自分の裁量で決めることができるので、リスクを抑えるつもりになれば抑えることが可能です。

■リスクは

いずれにしても、開業した場合、リスクは全て自分の身に降りかかってきます。とはいえ、そのリスクは、回避することができる分だけ総合的に見れば、勤め人と同等かそれ以下に抑えられます。

一社の取引にすべてを依存しないこと。

危なくなる兆候がみえたら静かに撤退していくこと。

いちかばちかの勝負をしないこと。

保険などを活用して不意の倒産に備えること。

といったある程度常識的な事を着実に行って行けば、開業後のリスクを抑える事ができるのです。

開業するからには、リスクを取りすぎて事業が傾いたといった事にならないように気を付けて下さいね。

創業・開業・経営について

  1. 自社をより深く知る6つの質問上級編。4つの追加質問を通じて自社の真の強みへ
  2. 事業期間という聞きなれない概念にも注意が必要です
  3. 助成率・補助率と補助上限額とは
  4. その補助金・助成金本当に必要ですか?補助金獲得を検討するときに事業を考える
  5. 補助金・助成金獲得の流れ | 流れをしっかりと把握しないと思わぬ落とし穴があります
  6. 補助金・助成金は情報入手が非常に大きな要素です
  7. 補助金や助成金でやってはいけないこと
  8. 補助金獲得のために自社をどうやって知るか。6つの質問で考える
  9. 補助金獲得のヒントは要綱・ガイドラインに書いてある
  10. 補助金や助成金は基本的に清算払いです
  11. まずは己を知る事(自社を知る)が補助金や助成金獲得のためには大切です
  12. 助成金獲得とはどんなこと?
  13. 人脈を作っておくとよいというけど異業種交流会とかの人脈って開業に役立ちますか?
  14. ズバリ言います業種別開業の手引き
  15. ラーメン屋さんを開業するのなら検討したいこと
  16. 助成金や補助金を獲得したい
  17. これから開業したいと考えているみんなの悩みに答えます
  18. 会社勤めの片手間にネットで起業したい【ネットショップの仕入】
  19. 顧客の獲得方法について教えて下さい【行政書士】
  20. 初期費用は少なく、環境は慎重に。時期は開業準備ができた時です!
  21. 個人商店の収益はいくらくらいで軌道に乗るのか【ネイルサロン】
  22. 開店前にわかる事を調べて計画に落とし込んでみよう【古本屋さん】
  23. 開業資金の調達、特に融資について【雑貨屋】
  24. 独立開業したいけど、初期費用はどうしたら捻出できますか?【開業費の捻出方法】
  25. 開業費用についてどうしたらいいの?
  26. 一体何を準備すれば良いのか、税務や税理士さんに対する一般的な回答
  27. 場面別に役立つ宣伝方法をまとめました
  28. お礼状を出すことの見逃せない利点、手紙を書くクセを付けよう
  29. 常連さんを大事にするのがどんな商売でも基本。固定客をつかんで安定を得る
  30. サイト運営は即効性が無いのですが将来に向けての投資です
  31. 折り込みチラシは安いし現在でも効果的な手段です
  32. 開業したらHPを作ります?作ってから有効に機能するまで時間がかかるのにどうして今作らないの?
  33. 人に会いに行こう 嫌われていないのなら会いに行く回数を増やすほど好感度が増します
  34. お礼状を出していない?どこでつながるかわからないから退職するときはお礼状を出しましょう
  35. 起業をするなら道具にはこだわれ(こだわらなくてもいいけど便利なものは使いましょう)
  36. ゴム印というとても便利なスタンプを使って仕事の効率を上げましょう
  37. 印刷は重要でも、初期費用は極力抑えましょう
  38. 事務所は必要か?自宅兼事務所、バーチャルオフィス、貸事務所を比較して考える
  39. 商標・ロゴ・マークでブランドを構築すると将来的にだんだん有利になります
  40. 個人が開業するときに必要な印鑑は最低限一つあれば対応可能です
  41. 印鑑にこだわる(開運とかゲン担ぎではなく、仕事に使う道具ですから)
  42. 備品の基本は節約。あれもこれも揃えるのは収益が上がった後で大丈夫です
  43. はじめる前に利益を見積もろう―損益計画書を作ってみよう―
  44. 開業の成功確率を上げるため開業資金は何度も見積もって抑えるところを抑える
  45. 事務所を設置したらネット回線・電話回線も必要ですね
  46. ホームページは売り上げ増加のための必須の手段です
  47. 開業するにあたって必要な資金はどれくらいかを調べて書きだしてみよう
  48. 経営計画を立てておけば色々有利なことがあります
  49. 思いつくまま書きとめて、具体的な事業計画を作っていくのです
  50. 市場はどうだ?競争環境を調べて狙い目を探す
  51. 開業する事業の概要を紙に書いて考えましょう
  52. 経営理念を考える(その2)創業の動機を考えてみましょう
  53. まずは、経営理念を固める―何のための商売なのかを考える―
  54. 現金が王様。会社を営む上で絶対に外せない現金を確保する方法
  55. 何で売り上げを稼ぎます?お金をいただくところは限定した方がいいという話
  56. サービスの質が低い?それに気が付いた時にどうするかがあなたのお店の分かれ道です
  57. 人を雇うのなら「一生懸命がんばれ」などといった精神論でなく効果の上がる仕組みを考えよう
  58. 売り逃しは売れ残りよりもダメージ大なので全力で避けてください
  59. お客さまの言う事だからと言って何でもかんでも対応するのは間違いです
  60. 開業するなら知っておきたい経営のイロハ
  61. 今日から始めるリスク回避策。開業後はリスクから身を守る術を身に着ける必要があります
  62. 目指す方向を明確化して微調整しながら経営する方法(そのためには経営計画を立てましょう)
  63. いくらの売上で収支がトントンになるかは簡単に予測出来ます
  64. 経営者は体力勝負!?少なくとも検診を受けて大病は早期発見を
  65. 事業によっては従業員さんを雇う必要があり、従業員さんを雇うなら手続きが必要です
  66. 売上はお客さんの数とそのお客さんが使うお金の掛け算になります
  67. 現金と利益と売上は似ていると思えますが全然別の概念です
  68. 現金が尽きたらゲームオーバーというシビアな現実
  69. 保証人にはなるなと良く言われますが、何がいけないのかを解説します
  70. 脱サラ+なんでもいいといった訪問者のニーズにこたえてみます
  71. 開業のプロが教える!他人のビジネスモデルを使って効果的に儲かる開業方法の構築方法!!
  72. 開業にあたって、できることを広げすぎないという覚悟を持つ
  73. 顧客のニーズという言葉を考える前に『誰を』顧客にするかを決める
  74. あなたのお客さんは誰?何を売るの?どんな風に売るの?
  75. 何をやっていくかを決める
  76. リスクは有るけどあたるとデカい。市場の成長性を見込んで新分野に賭けろ
  77. 自分の強みは何?今の強みは経験ある業種の周辺にあります。
  78. 銀行に口座を開設しよう
  79. 従業員を雇うなら 労災保険、雇用保険、社会保険について
  80. 所得税の青色申告承認申請書をだして青色申告をしよう
  81. 開業にあたっての届け出
  82. まずは開業届を出せば、あなたも個人事業主
  83. 個人事業の場合、最初にずっと使っていく大切な屋号を決める必要があります。
  84. 個人で開業?法人で開業?それぞれ長所と短所があります
  85. それで生活するという覚悟を配偶者と共有することが大切です
  86. 何でもできるという罠。なんでもできるあなたに頼むことは何にもありません
  87. 開業、起業には2種類あります。あなたはどっち?
  88. オンリーワン?甘い事言わないでナンバーワンになってください
  89. お金があれば課題は解決できますがお金を使わず解決する方法を考えよう
  90. お客さんが事務所にくる必要が無いのなら、バーチャルオフィスで格安な事務所を開設できます
  91. 会計お得意ですか?少しできるぐらいなら思い切って専門のサービスを利用しましょう
  92. 完璧に準備してから開業する?何をもって完璧と判断するんですか?
  93. 起業をするのに独創性は本当に必要か?ハードルを自ら上げ過ぎていませんか?
  94. 起業家精神というハードルが高すぎる精神なんて、ミンナ持っていないから大丈夫です
  95. ハウスクリーニングという決してコンピュータに仕事を奪われないフランチャイズ
  96. フランチャイズ加盟という選択。ビジネスモデル一式を手に入れるというのも選択肢です
  97. したい事、できる事、やらねばならぬ事このバランスが大切です
  98. 人脈っていうけどあなたはその人に何が提供できるの?
  99. とりあえず名刺を作ろう。話はそれからだ
  100. 特定の組織で偉かったあなたへ―その人脈は役に立ちませんよ?
  101. 撤退プランも用意しておこう
  102. 脱サラ戦略!?
  103. 会社はあなたの人生まで面倒を見てくれない あるいは組織内で自らの優秀さに頼る事の危険性
  104. 今の仕事と起業。比較して考えると起業という選択肢の意味がはっきりします
  105. 起業すると心に決めることの大切さ。また精神論かよ…と思う人にこそ聴いてほしい
  106. どうして開業したいの?開業のリスクとそれを乗り越えた所にある希望について
  107. 【独立開業】独立開業をするときに必要な情報、解決策をご提示します【何からやる?】
PAGE TOP