場面別に役立つ宣伝方法をまとめました

開業予備軍の状態や開業したての状態では、競合と比較して何よりも圧倒的に負けているものがあります。

それはズバリ『知名度』です。

よほど斬新な事業に取り組んでいるのでもない限り、基本的にはあなたの開業する事業には既に競争相手が存在しています。

そして、その競争相手はあなたよりも、ほぼ確実に大きな知名度を持っています。(だってすでに営業していますからね)

■知られていない。それは存在していないと同義語です

非常に残酷な現実ですが、知られていないという状態は存在していないと同義語です。

知らないサービスは決して利用されません。消費者からは、知らないお店は検索もされなければ話題にも上がりません。

知られていないのは存在しないも同然。そして存在しないモノは消費者からすると探しようがないのです。

ではどうするか?答えは一つです。自分から存在をアピールしていく必要があるのです。

■知られるためには

さて、このような存在のアピール方法ですが事業の局面によって色々な方法があります。そして、この方法は適切に選択していく必要があります。

というのは、老舗企業が「本日開店」なんてのぼりを掲げていたらなんだか変ですし、新しく開店したお店が(存在しない)常連客に頼った口コミ戦略なんて言っても効果などありません。

逆に、新装開店なら関係者に「このたび開業しました」といった挨拶状を送ることもできますし、経営者が代替わりしたのなら「先代の時にはお世話になりました」と疎遠になっている取引先を回っても、嫌な顔をされるケースは稀です。

このように新規開業の際にしかとりえない方法もありますので、事業の局面に合わせて効果的な宣伝をしていきましょう。

■開業前には

開業前や開業準備中に行うと効果的な宣伝方法も存在します。

とりあえず名刺を作ろう。話はそれからだ
お世話になったお礼状を出して開業をさりげなくPR
サービス業なら人に会いに行こう
開業してからサイトを作る?どうして今作ってはいけないんですか?

■開業したての段階では

知ってもらわなければ始まらない!?お財布に余裕があるのならチラシをまきます
サイト運営は即効性が無いのですが将来に向けての投資です

■軌道に乗りはじめたら

常連さんを大事にするのがどんな商売でも基本。固定客をつかんで安定を得る
お礼状を出すことの見逃せない利点、手紙を書くクセを付けよう

PAGE TOP