ブログ

蘇我で個人事業主になろうと考えている方へ

蘇我といえば

千葉市蘇我といえば京葉線の終点です。都心へのアクセスも非常によく、また、千葉市内へも容易に出られることからとても便利な土地です。

さらに、内房線や外房線で数駅下っても大きな街があり、近隣には青葉の森公園やジェフユナイテッドの本拠地となるフクダ電子アリーナもあり、自然にスポーツに恵まれた立地です。

また、昨今では都心へのアクセスがとても良いため、住民の数も増えているとのことです。

個人が開業するには蘇我は

私は蘇我という土地は、今後の発展性が見込めると感じています。立地としても都心から近いため、都心の顧客を獲得するビジネスモデルも成立しますし、地元に目を向けても十分に人口があり、お金も回っているので地元向けの商売も成立します。

また、非常に近くにこの地域の経済の中心地である千葉があるので、千葉近辺の顧客を獲得することも可能でしょう。

さらに、税務署やハローワークなどといった行政の施設もたくさんありますので、蘇我を事業の本拠地にするといった選択肢は十分ありだと思います。

店舗型のビジネス

パン屋さんや飲食店などの店舗型のビジネスを行う場合、大切なのは顧客候補の属性です。

どんなに素敵なお店を出したとしても、顧客候補が「あ、こんな素敵なお店ができたんだ。じゃあ一回行ってみよう」と考えてもらえなければ。売り上げには結び付きません。

そのため、どんな人がこの町にいるのかがとても大切です。それでは蘇我はどうでしょうか?

一言でいえば雑多な人が住んでいます。都心に通うサラリーマン世帯や、千葉市内で働く人たち、青葉の森公園近辺のいわゆるお金持ちなど、あなたがどのようなコンセプトでお店を出したとしても、とりあえずはある程度の売り上げを確保できるだけの人は住んでいそうです。

後は、あなたの競合店に負けないようなお店を作るといった事を考えていけばよいでしょう。

店舗を構えないビジネス

店舗に依存しないビジネスを開業する場合、蘇我という立地はとても有利です。というのは、近くに松ヶ丘ICがあり、高速道路を活用すれば広域でお仕事をすることができるからです。

また、バスや鉄道網も発達しているので、都心方面は公共交通機関で、郊外方面は車でといった風に分ければ相当広域のお客様を相手にすることができます。

このように十分な商圏を確保することができますので、後はビジネスモデル次第といえると思います。

蘇我は個人事業主の拠点となり得るか

このような蘇我なので、個人的には個人事業主として事業を始める場合の拠点となり得ると考えていますし、十分にお勧めできると考えております。

ただ、上記のおすすめは、立地としての一般論ですので個別のビジネスについては検討を進めていく必要があるでしょう。

開業候補のビジネスはある程度計画が立ちます

例えば、これを読んでいるあなたが開業候補のビジネスとして飲食店を考えているとします。

このとき、「どれだけ売り上げを取ることができるか」については努力次第といった形になりますが、「どれだけの売上を上げないといけないか」については開業のプランを立てる段階でかなり正確に想定することができます。

一般的な例では、家賃20万円、その他人件費など固定的にかかる費用が20万円のお店を開業したい場合、大体130万円程度の売上を上げて初めて収支がトントンとなります。

このとき、あなた自身が20万円の生活費を使おうと考えた場合200万円程度の売り上げが必要で…といった風に予想できるのです。

そして、月200万年の売上を上げるために1人1,000円の客単価として、営業日が○日だから、一日当たりの客数は何人必要でといった風に計画段階で数値を作ることができるのです。

(貢献利益率30%で試算しました。)

これを精緻に作り上げていくと、創業計画になって創業融資の申し込みにつながるのですが、それはまた後日記事にします。

関連記事

  1. 蘇我で開業届を出して開業するメリットとは-蘇我で開業するために行…
  2. 日本初!(当事務所調べ)ビットゼニー(ZNY)払い対応のコンサル…
  3. 鎌取駅周辺で開業するという選択肢はどうなのか?
  4. ちはら台で定住を前提とした息の長い商売を始める
  5. 千葉市中央区や緑区、市原市で個人事業を始めるときの書類の書き方-…
  6. 千葉市や市原市で起業したい?だったら自分のできることを棚卸してみ…
  7. 八幡宿?蘇我から二駅内房線で下ったら人がたくさん住んでいる土地で…
  8. 会社を作らないなら1円起業できますが会社を作る場合はやっぱりお金…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP